生活コストを見直そう 。固定費について

人生を変える成功のために必要なスキルがある。

それは、「生活コストを下げられる力」

この力を身に付けることができれば成功への道は約束されたも同然だ。

多くの成功者はこの事実に気づいている。しかし、これを情報として発信していない。

そんなこと誰でもできると思っているからである。

 

私は、そうは思わない。

当たり前にできることではないと思うし、この力は立派なスキルだと思う。

かくいう私も、人生を変えようと決意したといきに一番最初に取り組んだことはこの「生活コストを下げること」だったのだ。

では、具体的にどうゆうことなのか説明していきます。

 

まず、起業した当初。

なるべく、経費のかからない方法で起業しても必ず毎月支出が必要になる。

それが、生活費だ。

すぐに売り上げが立てばいいのだがすぐに売り上げが立たない場合。

生活費がどんどん財布から出て行ってしまう。

 

月10万円で生活できる人と月20万円で生活できる人であればだいぶ大きく変わってくる。

 

起業した当初は、作業に没頭するはずだ。

しかし、生活費によりどんどん支出が激しくなってくると切羽詰まった精神状態になってしまう。

それでは、いい仕事ができない。

心のどこかで、このまま行くと後2ヶ月もしたら貯金が底をついてしまう。と考えてしまいます。

 

やはり、ある程度心にゆとりを持った状態で作業に没頭するのが一番いい状態だと思う。

 

きっと、人生を変えようと思う多くの人はたくさんの貯蓄ができる人は少ないのでないでしょうか。

毎月、少ない給料で生活をしなけれないけないので貯める余裕などないのではないでしょうか。

そこで、誰でもできる簡単な方法が、この「生活コストを下げる」行為なのです。

 

例えば、あなたが今毎月20万円で生活しているとします。

これを見直すことによって10万円にできたとすると。

 

そこに10万円の差が生まれます。

 

これは、給料が10万円上がることと同じことなのです。

給料を今から毎月10万円あげようと思うと至難の技ですが、生活コストを10万円下げるのはもしかするとできるかもしれません。

 

このスキルさえ身につけておけば、起業した後の不安は大方払拭されるのです。

起業に二の足を踏む大半の原因はきっと、「生活できるか不安」だからではないですか?

生活費毎月国が出してくれるから起業してくださいと言われたら、大半の人は今の会社を辞めて速攻起業するのではないでしょうか。

なので、生活コストを下げられるスキルを身につけておけば起業の不安の大半を払拭できると行っても過言ではないのです。

起業のリスクを大幅に減らすスキルでもあるのです、ですのでこのスキルは身につけておくべきなのです。

 

多くの人は、今の生活がカツカツだと思っていきているはずです。

でも、それは多くのケースで間違っています。

削れるところはたくさんあるはずです。

 

その具体的な方法をご紹介します。

 

生活コストの中で特に削っていかなくてはいけないのが「固定費」です。

 

毎月絶対にかかるお金です。

例えば、家賃・光熱費・ネット代・保険代・携帯代などでしょうか。

 

この「固定費」からまずは見直しましょう。

 

家賃

まず家賃ですが、住宅ローンを抱えている人は仕方がありませんが。

それ以外の人は、自分の実家か結婚されている人は配偶者の実家に転がり込むことをお勧めいたします。

プライドを捨てて、頭を下げましょう。

固定費の中で一番高いのが、家賃です。

多くの人は、大学を卒業したり家族ができたりすると別の所帯を持ちます。

そして、綺麗なおうちに住んで家計を圧迫して毎月カツカツの生活をしている人がどれほど多いでしょうか。

家計を圧迫して、チャレンジができない環境に自らを置いてるようにしか思えません。

所帯を分けることにそこまでの価値はあるのでしょうか。

私はないと断言できます。

あなたの家計が火の車なのであれば一緒に住もうと行って嫌がる親はいないはず。

あなたが起業したいと話して、事業が安定するまで一緒に住んで欲しいと頭を下げて

一緒に住んでくれない親はいないはずです。

 

いい歳にもなって、実家に住んだりするのはプライドが邪魔するかもしれません。

実家はそこまで広くないから、生活に不便差を感じるかもしれません。

親は心配性なので、ガミガミ言われるかもしれません。

 

それでも、我慢して転がり込むメリットはそこにあるのです。

家賃がそのまま浮くのですから。

月8万円の方でしたら、年間96万円浮きます。

年間96万円稼ぐのと同じ意味なのです。

 

くだらない、プライドはグッと堪えて見ましょう。

そして、親には成功してとことん恩返ししましょう。

光熱費

次に光熱費ですが、光熱費は節約してもしれていますので今まで通りで構いません。

極端に使っているのなら節約も必要ですが。

 

ネット代

ネット代も多くの場合、二年縛りがあったりするので下手に解約すると違約金がかかったりするのでそのままでいいでしょう、ちょうど、解約月とかであれば、比較検討してもいいと思います。

保険代

生命保険に入っているのでしたら、いますぐ解約しましょう。

今のあなたにはきっと必要ありません。

また、別の記事で詳しく生命保険については書こうと思いますが生命保険は人生で二番目に高い買い物だと言われております。

生命保険とは、あなたが死んだら誰かに保険金が入るものです。

あなたが死んだら、あなたのストーリーは終了します。

なのに、お金を残す必要はありますか?

独身の方は生命保険に入っていないと思います。

もし、入っているのなら速攻解約してください。

「今、解約したら損しますよ」と保険の営業マンが言ってきますが。無視して解約です。

だって、誰に残すのですか?お金貯まりますとかなんとかうまいこと言われて入ったのかもしれません。

60歳を迎えるまで、固定費として存在する方があなたにとってはリスクなので今、解約しても損をするかもしれませんが解約してください。

そして

結婚されている方でしたら、妻や子供のために残したいという意見もあるでしょう。

あんたが死んでも、妻と子供は日本国に居住する以上路頭に迷いません。

なぜなら、妻はあなたが死んだら子供を育てるために精一杯働くでしょうし。

妻の親も援助してくれるはずです。

そして、どうしようもなくなった時は、日本の最後のセーフティネット「生活保護」があります。

あなたが死んだ後も、妻と子供は健康で文化的な最低限度の生活をくれる権利を有しています。

なので、家計を圧迫してまで生命保険を払う必要はないのです。

しかも、あれ生命保険会社はめちゃくちゃ儲かっていますからわざわざ儲けさす必要はないのです。

 

生命保険を辞めるだけでもかなり「固定費」を削ることができます。

1ヶ月2万円かけている人でしたら年間で24万円。

24万円稼いだことと同じです。

 

携帯代

携帯代も、見直す必要があるでしょう。

あなたがもし、docomo・au・softbankのそれかを使っているのなら

大幅に見直せる可能性があります。

格安simというのがあります。

私も格安sim会社と契約しています。

ネットで検索すればたくさんあると思うのであなたの使用用途に合ったものを探してください。

この格安simですが、手続きが煩わしいと思われがちなのですがすごく簡単です。

契約して、simカードをもらったらそれを今あなたが使っている携帯にさすだけなのです。

電話番号も変わりませんし。

回線が遅いなんてこともありません。

電話もちゃんとできますし。

シンプルにただ安くなるだけなのです。

なぜ、みんな格安simにしないのか不思議なくらいです。

使用用途によって異なりますが、携帯大手3キャリアを使っているのでしたら

月5千円は安くなるでしょう。

これで年間6万円です。チリも積もれば山となります。

 

このように、「固定費」の見直しをしてください。

「生活コスト」は「固定費」だけではありません。

長くなったので、ここで一旦終わって。

記事を分けて書きたいと思います。

 

長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が「いいね!」って思ったら下のSNSボタンでシェアお願いいたします。

それが、私の励みになりモチベーションに繋がります。

関連記事

  1. 貯金0の人が最速最短で貯金できる5つの方法

  2. 別に成功も必要なくて現状維持でいいって人に忠告

  3. 貯金0の人が貯金できないたった一つの理由

  4. お金の勉強をしていないと人生破滅する話

  5. 圧倒的な成功者に共通するお金の使い方

  6. 生活コストを見直そう。流動費について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

伊織が読んでほしい記事

  1. 常識は非常識

    間違った教育を受けてきた全ての人に捧げる
  2. 思うこと

    自殺とか考えている人がいたら、ちょっとだけ見てほ…
  3. 思うこと

    お金だけあっても幸せにはなれない
  4. 成功法則

    成功に何よりも大事なのは時間

アーカイブ