成功に何よりも大事なのは時間

多くの人に、心の根の部分で理解しておいてほしいことがある。

それは、成功を収めるためには「時間」が一番重要だということだ。

「時間」をその物事に投じることができた時間が長ければ長いほど

成功は近くなるという事実がある。

 

これはどれだけ、時代が代わり、便利な世の中になったとしても

変わりようのない事実である。

 

「時間」を投じるという工程なしに成功はないと断言できる。

 

例えば

野球選手のイチロー選手。

彼は、自他共に認めるスーパーベースボールプレーヤーですよね。

毎年毎年、輝かしい実績をあげ

メジャーリーグに行った後も、毎年毎年活躍をし続けた。

普通の成功ではなく、圧倒的な成功を収めている

そんなイチローがなぜすごいか。

 

それは、子供の時から尋常ではないくらい。

野球に「時間」を投じてきたからに他ならないと思う。

有名だが、イチローは子供の時にこんな作文を書いている。

(画像引用先 こちら

なんと、356日中360日は激しい練習をしていると

子供が書いているのである。

 

そして、自分は必ずプロ野球選手になれるに決まっていると断言している。

なんの不安に駆られることも無く、自分が成功できることを確信できているのだ。

 

友達と遊べるのは、週に5、6時間。

遊び盛りの子供が、遊びに時間を費すことなく

野球に「時間」を投じているのだ。

 

そんなに練習をしているのだからプロ野球選手になれるに決まっていると思うのである。

他の人よりも、自分はやっている。

誰よりも練習をやっている。

誰よりも時間を投じている。

だから、成功できないはずがないと

純粋な子供の気持ちが生み出した

尋常ではない行動と努力の裏付けによる言葉なのだ。

 

失敗したらどうしようとか。

うまくいかなかったらどうしようという

不安が、心の中から消え去っている状態なのだろう。

 

これは、自分の「時間」をほぼ全て野球に費やしてきた結果であると言えます。

 

この、イチローのように。

あなたも、ほぼ全ての時間を「目的」や「目標」のために投じることができたのなら

あなたは、成功に限りなく近くでしょう。

逆に、成功を目指すのであれば「時間」を投じられない限り成功を収められないでしょう。

 

よく、会社員の人で副業から始めてなかなか成功できない人がいます。

そして、芽が出ないから辞めてしまい、またいつもの生活に戻ってしまいます。

 

しかし、よく考えてください。

副業に投じている時間って、いったいどの程度でしょう。

 

会社員の人でしたら

1日4時間も投じられたら御の字でしょう。

 

仕事に行って、きっちり仕事をして。

そして帰宅してからも、副業を頑張って。

もの凄い、努力だと思いますし、なかなか人にできることではないと思います。

疲労もたまるでしょうし、結果が出ない日が続くと

「いつ、結果が出るのだろう。」

「睡眠時間も削って、こんなに頑張っているのに。」

と思ってくるでしょう。

 

まるで、出口のないトンネルをひたすら歩いているような

そんな感覚に陥ってしまうでしょう。

 

しかし、必ず出口はあるはずなのです。

もう少し、進めばきっと出口があるはず。

でも、結果の出ない毎日に嫌気がさして辞めてしまう人が多いのです。

 

これの原因も実は、「時間」なのです。

 

副業であれば4時間も投じられたら、本当にすごいことなのですが。

言い方悪いですが、たったの4時間なのです。

 

いわば、副業をするということは

あなたの目的と目標を達成し、成功を収め、人生を変えたいから

副業という選択肢を選んだと思います。

 

その目的や目標は

いわば、あなたの人生を変えるために

一番大切な部分です。

 

その目的や目標に投じられる時間が

たったの4時間であれば、やっぱり少ないのです。

 

なかなか結果がでなくて、当たり前なのです。

悲しいかな、これが事実なのです。

 

時間は有限なので、あなたがどれだけ過酷な努力をしようとも

時間は増えることはありませんし、時間は減ることもありません。

 

これは、物理的な問題です。

 

1日24時間。

イチローも24時間ですし。

ちゃらんぽらんなニートも24時間です。

 

これは、全員が一緒で。

能力が高かろうが低かろうが関係ありません。

 

だから、4時間はたったの4時間に過ぎないのです。

 

やはり、手っ取り早く成功をしたいと考えるのであれば

この「時間」を誰よりも投じるほか方法はありません。

 

実は成功する方法は一つです。

 

あなたの人生を変える、「目的」や「目標」の為に

24時間の有限な時間から、より多くの「時間」を投じる方法は

 

あなたの1日の大部分を占めている物を辞めて時間を作る以外にありません。

 

では、あなたの1日の大部分を占めている物とは

 

それは、仕事です。

 

会社に行って仕事をする時間に一体どれだけの時間を使っていますか?

朝の準備から通勤時間まで含めると1日10時間程度使っている人が多いはずです。

 

例えば、この時間が浮いたのなら。

副業で使用していた4時間もプラスすれば14時間という時間を投じられるわけです。

 

14時間は4時間の3.5倍です。

 

1日で3.5倍の差がつくのです。

 

単純計算ですが

14時間投じられる人は1年で成功できるものが

4時間の人は3年半かかるということです。

 

14時間投じられる人は1年間、長い暗闇のトンネルを歩き続けるだけで済むのに対し

4時間の人は3年半、永遠に暗闇のトンネルを歩き続けるしかないのです。

 

14時間投じることができるほうが手っ取り早く成功できるに決まっています。

 

たったこれだけ。

これ以上のことはありません。

 

一日、14時間投じられる人は1年で5110時間を投じるのに対して

4時間投じられる人はたったの1460時間なのです。

 

この差が圧倒的な成果になるのです。

 

あなたがもし、本気で成功を目指すなら

あなたが、もし本気で自由な時間と自由なお金を手に入れたいなら

 

時間を投じる

覚悟を決めなくてはいけません。

 

そのために必要なことは、会社を辞めること。

それをしない限り、時間が手に入ることは永遠にありません。

 

ここを踏み出せるか踏み出せないか。

リスクを取れるか取れないか。

 

そこで、圧倒的な差が生まれることは間違いありません。

 

私から言わせたら、仕事という何の生産性もないものに貴重な時間を投じるくらいなら

あなたの生きる道である「目的」や「目標」のために時間を使う方が

ものすごく、価値のあるものだと思います。

 

会社を辞めても、意外とどうにかなるものです。

怖いのもわかります。

生活できなくなったら大変だっていうのもわかります。

 

じゃあ、一生今の生活のままでいいのですか?

変えたいから、いろいろな勉強をしていて

こうやって私のブログとも出会っているのだと思います。

 

人生を変える方法は、時間を投じる以外に方法って実はないのです。

果てしなく出口の見えないトンネルを長い間進むことができる人はごく少数です。

副業で長い間我慢できる人は、それでいいでしょう。

 

しかし、成果の出ない日々がどれだけつらいものかわかっているはずです。

 

私たちのような凡人には、目に見える結果がモチベーションになるのです。

だから、なるべく早急に結果が出て、トンネルの先に一筋の光が見えないといけないのです。

 

そのためには、「時間」を投じるしかありません。

 

一度、自分の中で考えてください。

このまま、生活のためにだけこなしている仕事を続けていく人生が幸せなのか

発起して、リスクをとり仕事を辞めて浮いた時間の全てを自分の「目的」や「目標」に投じることで

自由な時間と自由なお金が手に入ることが幸せなのか。

 

どちらを選ぶべきなのか。

 

考えてみてください。

 

 

長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

  1. 圧倒的な成功をおさめた成功者だけが知っている3つの法則

  2. 不幸な人生を送る事になる即刻辞めるべきこと

  3. 時間がなく行動できない悩みを解決するたった一つの真実

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

伊織が読んでほしい記事

  1. 常識は非常識

    間違った教育を受けてきた全ての人に捧げる
  2. 思うこと

    自殺とか考えている人がいたら、ちょっとだけ見てほ…
  3. 思うこと

    お金だけあっても幸せにはなれない
  4. 成功法則

    成功に何よりも大事なのは時間

アーカイブ