個人が輝ける時代

我々は、今本当にすごい時代を生きている。

高度経済成長期の日本であれば到底想像もつかない時代だ。

 

20世紀と21世紀では本当に天と地の差さえある。

平成最後の夏が終わった。

来年には元号が代わり新しい時代になる。

それと同時に、これまでの働き方の常識が非常識になり。

働き方が大きく変わると私は思う。

 

当たり前にあった会社は、影を薄め。

会社に勤めるという概念さえなくなってしまうのではないか。

 

これからの時代は大きい、小さいはきっと関係なくなるだろう。

サイレントマジョリティー的な考えは淘汰され、

マイノリティーが賞賛される時代になる。

 

好きなことをして生きている人をみんなが羨み。

そして、それを目指す。

 

そんな、時代になるだろう。

いや

なってほしい。

 

会社に身を捧げる時代は終焉を迎えかけている。

会社に捧げる人生に疑問を持ち始める人が大勢発生する。

 

好きなことをして、お金を稼げることに気づき始める時代が到来する。

素晴らしい時代。

 

そう

 

これからの時代は間違いなく、「個人が輝ける時代」だ。

それは、インターネットのインフラが完全に整ったからだ。

 

世のほとんどの人がスマホからインターネットにアクセスしている。

朝起きた直後から、会社にいく通勤時間。

昼休憩。

そして帰宅の通勤時間。

家に帰ってから。

お風呂に入りながら。

ご飯を食べながら。

寝る前。

現代を生きている人は常にインターネットに接続して生きている。

 

これは、国が指針を出したわけでもなく。

人々は自分の意思により、自分に必要であるから

インターネットに接続する生活を選んだのだ。

 

インターネットに接続すると

知的好奇心を満たすこともできれば。

娯楽に使用することもできる。

必要なものがあれば、買い物もできるし。

銀行の残高が気になればわざわざATMに行く必要もない。

見たい映画があれば、わざわざレンタル屋さんに行く必要もない。

聴きたい音楽があれば、わざわざCDショップに行く必要もない。

もう人々の生活から切っても切れないツールとなった。

 

そして、平成が終わり。

これから新しい元号になろうとしている。

 

これまでの時代は会社に勤め、お給料をもらうのが当たり前であった。

そうすることが普通であり、それが常識と信じられてきたからだ。

 

そうした中で、マイノリティーな考えの人が奮起し、会社を起こし。

現代の日本を代表する、大企業を作っていった背景がある。

 

先人は会社を大きくしよう大きくしようとした。

従業員を大量に雇用し、株式を上場させ資金を集めなくてはいけなかった。

 

それはなぜか?

 

そうしないと、世の多くの人に自分のプロダクト(商品)を知ってもらえなかったからだ。

 

集めた資本を頼りに、多大な広告費をかけ。

新聞に掲載したり。

テレビCMをうったり。

書籍を出版したり。

そうすることでしか、輝けなかったのだ。

これが、これまでの常識であり。これまでの輝いていくためのセオリーだった。

 

しかし、現代では違う。

インターネットの普及により色々な人に知ってもらいやすくなった。

 

しかも、ほぼ資金がかからずにだ。

 

インスタグラムにツイッターにフェイスブックにYouTube。

どれも無料だ。

 

そして、そこには24時間、何万人という人がいる。

 

それが意味することとは

誰もが何万人の人に向けて「個人」を発信できる状態にあるということ。

 

それの最たる例がユーチューバーだろう。

あれはまさしく、個人が輝いている状態。

きっとインターネットがない時代にも面白い人はたくさんいたはずだ。

しかし、知ってもらう機会がない為にフォーカスされなかった人はたくさんいただろう。

 

その知ってもらう機会が現代にはある。

人口のほとんどがインターネットにアクセスしているからだ。

 

その中の、たった1%の人に「いいね」って思ってもらったり。

面白いと思ってもらうことで約100万人の人に支持されるということになる。

20世紀では考えられなかっただろうし、誰も想像できなかっただろう。

 

100年に1度、いや1000年に一度でも起こるか起こらないかのチャンスのなかに生きていることを実感してください。

我々は本当に幸運な時代に生きていることを。

 

20世紀の人では、やろうと思ってもできなかったのです。

何かを思いついたり、何かを届けたくてもそれは叶いません。

 

それをしようと思うと、潤沢なお金が必要だったから。

しかし、今は違う。

ほとんど、無料で個人を知ってもらうチャンスに溢れているのです。

 

このことに本当に気づいている人は一握りだと思います。

あなたは、この記事を読んだので気づけたでしょう。

 

間違いなく、世の中は大きく変わります。

好きなことでお金を稼ごうとする人がどんどん出てくるでしょう。

 

多くの人がその現実に気づく日もそう遠くはないはずです。

 

その前に、先行者利益で

この波に乗らないといけません。

 

インターネットにより何かを発信していかないともったいないわけです。

傍観者は卒業して、発信者にならなくてはいけません。

 

そこで、あなたの思うことや、考えに共感してくれる人は必ず現れます。

一握り、1%で良いのです。

いや、0.1%の10万人でも良いのです。

いや、0.01%の1万人でも良いのです。

 

会社に勤めるのはもう古い。

そんな時代があったと。懐かしく思う時代はもうそこまできています。

 

ギリギリまで会社にしがみつきますか?

こんなにも個人が輝ける時代に、〇〇会社の〇〇のままでいいのですか?

 

自分の共感できること。

自分の興味のあることを今日からでも発信してください。

発信先はなんでもいいです。

インスタグラム・ツイッター・フェイスブック・YouTube。

 

そうすると、あなたに興味を持ってくれる人が必ず現れあなたを輝かせてくれます。

 

個人が輝く時代を生きる同士として。

発信者になって、人生をより幸せなものになることを心より願っています。

 

長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

記事が共感できたり、「いいね」と思ったら下のSNSボタンでシェアしてください。

何卒、よろしくお願いします。

関連記事

  1. 車って必要かな?と思い出した今日この頃

  2. お金だけあっても幸せにはなれない

  3. 一人の女性を愛し続ける男が一番かっこいい

  4. 他人の時間を生きているとやばい5つのこと

  5. 下積みして起業すれば有利という幻想

  6. 何のために生まれてきたのだろう

  7. 見栄っ張りは幸せをつかむことができない

  8. 自分の命題を見つけよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

伊織が読んでほしい記事

  1. 常識は非常識

    間違った教育を受けてきた全ての人に捧げる
  2. 思うこと

    自殺とか考えている人がいたら、ちょっとだけ見てほ…
  3. 思うこと

    お金だけあっても幸せにはなれない
  4. 成功法則

    成功に何よりも大事なのは時間

アーカイブ